MT4関連

MT4でフィボナッチリトレースメントでプライスを横に自動算出で表示させる方法

MT4フィボナッチリトレースメントを使用する際に、フィボナッチレベル(%表示)の横に通貨ペアのプライスを表示させる方法を解説していきます。

フィボナッチリトレースメントは非常に使えるラインですが、
プライスも自動算出で横に表示させると、更に視認性が良くなるので非常に効率良く確認できます。

今回は、設定方法を解説していきます。
非常に簡単なので、是非最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

MT4でフィボナッチリトレースメントでプライスを横に自動算出で表示させる方法

フィボナッチリトレースの比率の横に、
通貨ペアのプライスを表示させる方法を解説していきます。

プライス表示させない場合でも
十字カーソルを合わせればプライスの確認は可能ですが、

複数の通貨ペアを監視しながらの状態で
プライスを確認していくのは少し面倒ですよね。

そこで、少しだけリトレースメントのラインを編集します。

手順①フィボナッチリトレースメントを引く

まずは、通常通りフィボナッチリトレースメントをチャート上に引いていきます。

上図はドル円日足です。
トランプ相場と呼ばれた日足単位での期間で、
安値⇒高値までをフィボナッチリトレースメントを当てています。

ほとんどの方は、こういったようにフィボを当てていると思います。

この、61.8%~23.6%の比率を見るだけでも十分参考になりますが、
実際にこの比率の横に、記号を入力するだけで自動算出でプライス表示もされます。

手順②フィボナッチリトレースメントの編集⇒説明部分に『%$』を入力する

通常通りフィボナッチリトレースメントを引き終えたら、

リトレースメントを選択して
⇒表示中のライン等
⇒編集
⇒説明

と進んでいきます。

この『説明』という部分を編集します。
デフォルトの場合、フィボの比率のみ入力されている状態ですが、

この横に『 /%$ 』と入力します。

east
ちなみにスラッシュは、
フィボ比率の数字とプライスが混在しないように、
個人的に区切りを入れているだけです。

フローはこれだけです。
言葉だけはわかりづらいかなと思ったので、
上記のフローを行ったGIF画像を作成しました。

実際に上図を見てもらえればわかると思いますが、
このように設定すると、フィボ比率の横にプライスも表示されます。

east
プライス表示されていると視認性が抜群なので、
実際のトレードではかなり重宝します!

MT4スマホ版の場合

上記はPCで操作を行う場合ですが、スマホ版も同様です。

※個人的にですが、スマホ版での設定が少しわかりづらいので解説していきます。

まずはチャートをタップして、赤マルを選択する

すると、オブジェクトというものが出るので、
プライス表示させたいフィボナッチリトレースメントを選択する。

※ここが個人的にわかりづらかったですが『レベル』をタップする

すると、こんな感じで編集できるので、『 /%$ 』と打ち込んでいく。

こうすると、スマホ版のMT4のフィボナッチでもプライスが表示されるようになります!

まとめ

フィボナッチを用いてトレードする際には、プライス表示は非常に使い勝手がよくなる方法だと思います。

特に、
・指値や逆指値を用いたトレード
・各フィボ比率でのプライスの把握

この2点を使うトレーダーはかなり時間効率も良くなりますし、
正確に表示されますので重宝すると思います。

特に、指値トレードを行う方はかなり楽になると思います。

キャッシュバックは追加口座でもOK!
海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)
スポンサーリンク

-MT4関連

© 2020 eastのFXトレード